「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

江川選手問題が勃発した1970年代後半のドラフトを振り返る

2017 8/25 10:07cut
野球、ボール
このエントリーをはてなブックマークに追加

1979年:歴代最多の6球団競合となった岡田彰布選手

1979年のドラフト会議で目玉となっていたのは早稲田大学の主砲・岡田彰布選手だった。岡田選手には当時のドラフト記録となる6球団(阪神、西武、南海、ヤクルト、阪急、近鉄)が1位で入札。阪神が江川選手に引き続いて当たりくじを引き交渉権を獲得した。
岡田選手は初年度に新人王を獲得し、通算247本塁打を放つ活躍を見せるなど選手としての実績を残し、阪神、オリックスの監督も務めている。

また、岡田選手に次いで人気を集めたのは木田勇選手だった。巨人、大洋、日本ハムの3球団が入札し日本ハムが交渉権を獲得。在京セ・リーグを希望していたが、25歳という年齢もあり日本ハムへ入団。1年目から22勝を挙げMVPに輝くなどの活躍を見せた。

高卒組では春のセンバツで準優勝を果たした浪商高のエース・牛島和彦選手が中日1位、「ドカベン」こと香川伸行選手が南海2位で指名されバッテリーともに上位でプロ入りを果たしている。

1970年代後半でドラフト指名を受けた選手達は全員がすでに現役を引退している。指導者になった選手も多く2017年現在のプロ野球界を支えてきたことは間違いない。今後、これらの選手達の後進がプロ野球界を背負ってくれることに期待したい。


《関連記事》山口高志選手が注目を浴びた1970年代前半ドラフトを振り返る

おすすめの記事