「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

日本ハムを支える大エースを目指す有原航平選手

2017 8/25 10:07cut
野球ボール
このエントリーをはてなブックマークに追加

試練の3年目を乗り越えることに期待

新人王を獲得し、2年目は二ケタ勝利と順調に階段を上ってきた有原選手。3年目となった2017年は、大谷選手が負傷したことで、開幕投手を任されることとなる。しかし、6回途中6失点(自責4)で敗北。2戦目も8回8失点で大乱調。安定した投球を見せることができずに開幕から4連敗してしまう。

その後、3連勝と復調したかに見えたが、交流戦前、最後のカードとなるソフトバンク戦で3回8失点でノックアウトされる。栗山英樹監督は二軍降格を命じ、立て直しを図ることになった。

約3週間の二軍調整を経て一軍復帰を果たした有原選手は、調子を取り戻し2連勝。大量失点も減り前年(2016年)張りの投球を見せてくれた。今後も日本ハムの先発投手陣を支えていく存在となるであろう有原選手。エースとなるためには年間を通じて安定した投球が求められる。大エースへ成長するためにも一段上の投球に期待したい。

おすすめの記事