「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

2017年ドラフト会議で上位指名が予想される選手たち

2017 8/25 10:07Mimu
会見
このエントリーをはてなブックマークに追加

大学・社会人には即戦力投手が豊富!注目No.1の東京大学・宮台康平

やはり多くの球団がドラフトで狙っているのは、即戦力投手だろう。今年は大学・社会人に好投手がそろっており、各球団のスカウトもたくさんの選手を視察している。「清宮か、ダメなら即戦力投手」という方針をとっている球団は非常に多い。

特に左腕投手はかなりの豊作だ。大卒投手では、東京大学の宮台康平選手が注目No.1だろう。ついつい大学名が先行しがちになるが、もちろん実力の方も一級品で、最速150km/hを誇るサウスポーとあらば、どの球団も喉から手が出るほど欲しくなる選手だ。
以前は就職かプロで悩んでいたそうが、この春に進路をプロ1本に絞ったことを宣言。特に巨人やオリックスなどが熱視線を送っている。

上位指名確実の大学・社会人左腕

他の左腕投手だと大学では立命館大学の東克樹選手、亜細亜大学の高橋遙人選手、社会人ではJR東の田嶋大樹選手が注目だ。特に立命館の東選手は3年生の春、そして4年生の春と2度のノーヒットノーランを達成しており、実戦向きの即戦力投手だ。楽天が特に注目しているとの情報もある。

亜細亜の高橋選手も良い選手だ。出所の見づらいフォームから繰り出される剛速球に、キレのあるスライダーが武器。柔軟な肩関節を持っているらしく、ケガにも強いことが予想される。阪神や中日が注目している。

田嶋選手は、佐野日大高校(栃木)から最速145km/hを誇る左腕として注目されていた選手であったが、3年夏の大会前にケガをしたことで体力のなさを痛感。社会人へと進み、しっかりと鍛え直したようだ。それから3年、今では社会人No.1左腕と評価されるほどとなった。最速152km/hのストレートに、スタミナも十分。2年目の公式戦だけを見ても、先発した6試合では53回2/3を投げている。
エースとはこういう投手のことをいうのだろう、そう思わせてくれる選手だ。同じく阪神に中日、さらに日本ハムや広島も狙っている投手だ。

おすすめの記事