「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

榎本選手への指導で道が拓けた荒川博コーチ【球史に名を残した偉人達】

2017 8/3 12:07cut
野球ボール
このエントリーをはてなブックマークに追加

ヤクルト監督時代は結果を残せず

荒川氏は現役引退後にブランクを空けずに巨人のコーチとして、1962年から1970年までの9年間ユニフォームを着る。その巨人時代には王選手を始め多くの選手を育てるなどの実績を残した。
巨人退団後に2年のブランクを経て、1973年にヤクルトアトムズ(現スワローズ)のコーチへ就任する。当時、ヤクルトを率いていたのは早稲田大学の先輩でもある三原脩監督だった。翌1974年には三原監督の後を継ぎ監督へと就任。3年に渡り監督を務めたものの、シーズン勝ち越しは1度もなく結果を残すことができなかった。
1976年に監督を退くと早稲田大学の後輩である広岡監督へとバトンタッチ。ヤクルトは三原監督、荒川監督、広岡監督と3代続けて早稲田大学OBが監督となったのだ。
1976年にヤクルトの監督を退任後は、ユニフォームを着ることなくテレビ、ラジオの解説者として活躍していた。
王選手の指導が最も取り上げられる荒川コーチだが、そのルーツは榎本選手への指導である。その手腕と成果を見抜いた川上監督が、荒川選手をコーチとして招き入れたことで、後の、王選手の一本足打法が誕生したとも言えるだろう。今後も荒川コーチのような名コーチが誕生することを心待ちにしたい。

おすすめの記事