「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

榎本選手への指導で道が拓けた荒川博コーチ【球史に名を残した偉人達】

2017 8/3 12:07cut
野球ボール
このエントリーをはてなブックマークに追加

現役をわずか9年で退く

入団2年目となる1954年にレギュラーを確保した荒川選手。1956年まで3年連続で100試合以上に出場したが、それ以降は出場試合数を減らしている。1960年には初めて50試合を下回る36試合出場にとどまり、打率.097(31打数3安打)、1本塁打、7打点と衰えを隠せなくなっていた。
翌1961年は46試合に出場し打率.179(39打数7安打)、0本塁打、3打点。シーズン終了後にチームから放出され退団となり、現役を引退した。
1953年に入団した荒川選手は1961年まで9年間プレー。802試合に出場し打率.251(2005打数503安打)、16本塁打、172打点の成績を残している。
タイトルの獲得はなく、オールスターへの出場もルーキーイヤーの1回のみ。しかし、翌1962年から読売ジャイアンツの打撃コーチに就任するなど、「指導力」に定評があった。

荒川コーチの指導力

現役時代に選手として大きな実績を残したわけではない荒川氏。しかしその荒川氏が引退と同時に川上哲治監督率いる巨人の打撃コーチへと招かれたのには理由がある。
「安打製造機」と呼ばれていた榎本喜八選手を現役時代から指導していたのである。
榎本選手は荒川氏にとって早稲田実業の後輩でもあり、1955年の入団当時から目をかけていた。その、榎本選手は入団1年目からレギュラーに定着。139試合に出場し打率.298(490打数146安打)、16本塁打、67打点の成績で新人王に輝いた。2年目以降も荒川選手らのアドバイスへ耳を傾けながら、安定した活躍を見せる。しかし、打率は3割に届かずあと一歩の状態が数年間続いていた。
その殻を破るきっかけを与えたのは荒川選手だった。1959年オフに荒川選手が榎本選手へ合気道を紹介すると呼吸法を研究。精神面での安定を図れるようになり、翌1960年に初めて打率3割を超え、首位打者を獲得(打率.344)する。なんと4年連続で3割を達成した。
以降も榎本選手は活躍を重ね、現役通算2314安打を放ち首位打者も2回獲得する大打者へと飛躍を遂げたのだった。 榎本選手のブレイクを目の当たりにした川上監督が、荒川選手に目をつけ、コーチとして呼び込んだのである。

おすすめの記事