「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

藤本英雄選手の残した偉大な記録とは?【球史に名を残した偉人達】

2018 1/1 21:01cut
野球ボール
このエントリーをはてなブックマークに追加

通算防御率1位は不滅の記録

多くの記録を作っている藤本選手だが、通算記録でも存在感のある数字を残している。残念ながら大正生まれのために名球会加入資格はないが、投手記録は通算投球回数が2000回を超えることで認められる。そのために藤本選手(通算2628.1回)は投手記録のランキングにはたびたび顔を出す。
なかでも、特筆すべきは歴代1位となっている通算防御率1.90だろう。同時代に活躍した野口二郎選手(1939年-1955年)の1.96、若林忠志選手(1936年-1953年)の1.99を抑え1位に君臨。
その後は「神様、仏様、稲尾様」の稲尾和久選手(1956年-1969年)が1.96を達成しているが、それから50年近く通算防御率1点台は誕生していない。1990年代以降にプレーした選手に限ると斎藤雅樹選手(現巨人二軍監督)の2.77となっており、不滅の記録と言えそうだ。

藤本選手の通算成績

登板試合数:367
投球回:2628.1回
完投数:227(歴代11位)
完封数:63(歴代8位)
勝利数:200
敗戦数:87
通算勝率.697(歴代1位)
奪三振:1177
通算防御率:1.90(歴代1位)

藤本選手はシーズン記録、通算記録共に不滅の記録を樹立しており、今後もプロ野球界にその名が残り続けることになるだろう。

おすすめの記事