「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

「怪物と呼ばれた男」!甲子園の怪物を振り返る

2017 8/3 12:07cut
野球ボールとグローブとバット
このエントリーをはてなブックマークに追加

その他の怪物は?

江川選手、松坂選手の他にも怪物と呼ばれた選手はいた。星稜高校・松井秀喜選手(元巨人)、大阪桐蔭高校・中田翔選手(日本ハム)などだ。松井選手は「怪物」という呼称よりも、社会的現象にもなった明徳義塾高校戦における「5打席連続敬遠」のインパクトが強かった。また、中田選手は投手としても活躍したが、スラッガーとして注目されていたからか怪物の呼び名は定着しなかった。
一方、駒大苫小牧高校の田中将大選手(ヤンキース)、早稲田実業・斎藤佑樹選手(日本ハム)、大阪桐蔭高校・藤浪晋太郎選手(阪神)といった好投手達は「怪物」と呼ばれることはなかった。
怪物と呼ばれその名が定着するためには圧倒的な成績だけではなく、雰囲気やインパクトが必要なのかもしれない。今後、新たな「怪物」が生まれる日を楽しみに待ちたい。

おすすめの記事