「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

「怪物と呼ばれた男」!甲子園の怪物を振り返る

2017 8/3 12:07cut
野球ボールとグローブとバット
このエントリーをはてなブックマークに追加

「平成の怪物」と呼ばれた男

江川選手が甲子園で「怪物」と呼ばれた1973年から四半世紀後となる1998年。「平成の怪物」と呼ばれる男が甲子園にやってきた。横浜高校の松坂大輔選手(現ソフトバンク)だ。
松坂選手は2年夏(1997年)の神奈川県予選準決勝で自身の暴投によりサヨナラ負け。先輩達の甲子園を絶ってしまったことから奮起。新チームとなった秋季神奈川県大会を制し関東大会へ出場。そこでも、勢いはとどまることを知らず、優勝を遂げ春の選抜出場を勝ち取った。
3年(1998年)春のセンバツでは初戦となった報徳学園高校戦で151キロを記録し、衝撃のデビューを飾る。2回戦、準々決勝と2試合連続完封で勝ち進み、準決勝でPL学園高校と対戦する。松坂選手とPL学園の対戦は夏の選手権が有名だが、春のセンバツでも対戦していたのだ。
この試合は0-2と横浜高校が2点ビハインドで8回を迎える。ここから横浜高校の反撃が始まった。この回、同点に追いつくと9回表にスクイズで勝ち越しし、3-2と逆転勝利を収め決勝に進出した。
決勝では久保康友選手(DeNA)擁する関大一高校と対戦。この試合も松坂選手は3-0と完封勝利を挙げ、新チーム結成から無敗で春の王者となった。
この大会から松坂選手は「平成の怪物」の名をほしいままにしている。

最後の夏をノーヒットノーランで締める

春のセンバツで優勝を成し遂げた松坂選手と横浜高校。センバツ終了後の春季神奈川県大会、関東大会も無敗で制し、最後の夏へ向けた予選に突入した。神奈川県予選では準決勝までの5試合中3試合に登板し無失点。決勝では桐光学園高校相手に9回3失点完投勝利。
春夏連覇への第一関門である県予選を突破し、4カ月ぶりとなる甲子園に帰ってきた。初戦から好投を続けた松坂選手は準々決勝でPL学園高校と再戦。春のセンバツでは終盤の逆転で辛くも勝利を収めた、因縁の相手との対戦はまたしても死闘となった。甲子園史に残る名勝負は延長17回9-7で横浜高校が勝利。松坂選手は250球を1人で投げ抜いた。
準決勝の明徳義塾高校戦は8回裏0-6のビハインドから逆転勝利を飾り決勝へ進出。決勝では京都成章高校相手にノーヒットノーランの快投で見事に春夏連覇を飾っている。
まさに「平成の怪物」にふさわしい圧倒的な投球で1998年の高校野球界の話題を独占した。

おすすめの記事