「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

2016年の快進撃以上!? 広島東洋カープが起こした奇跡とは

2017 7/10 10:25Mimu
広島東洋カープ,MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 HKT3012

奇跡的な流れで、2016年のセリーグを制覇した広島東洋カープだが、カープの奇跡といえば、やはり1979年の日本シリーズだろう。 この年はカープが初めての日本一を決めた年であった。その奇跡を紹介したい。

粒ぞろいだった79年のカープメンバー

1979年の広島東洋カープには、非常に素晴らしい選手たちがそろっていた。リードオフマンの高橋慶彦選手、鉄人・衣笠祥雄選手、いぶし銀・三村敏之選手、そしてミスター赤ヘル・山本浩二選手などなど。またギャレット選手や、ライトル選手といった外国人選手の活躍も光っていた。ちなみにレギュラーではなかったが、達川光男選手も所属していた。

投手陣には精密機械の異名をとる北別府学選手、7色の変化球を持つと言われていた大野豊選手、そして日本球界にクローザーという概念を身をもって広めた江夏豊選手など、後に語り継がれるほどの選手たちがたくさん所属していたのだ。

チームが勢いづいた2つの要因

開幕こそ不調だったものの、夏頃になると一気にチームが勢いづく。その1つ目の要因となったのが高橋慶彦選手。1ヶ月半もの間、出場した試合すべてでヒットを打ち続け、なんと33試合連続安打を記録したのだ。この記録はいまだに破られておらず、40年近くも日本記録として球史に刻まれている。

2つ目の要因は、衣笠祥雄選手の骨折だ。8月1日の試合で、巨人の西本聖選手から左肩にデットボールを受け、全治2週間の骨折と診断される。1122まで続いていた連続試合出場が途切れてしまうことはもちろん、主力選手の骨折なんてチームにとっては非常に痛いはずだ。

しかし、衣笠選手は次の日の試合にも代打で登場すると、さらに翌々日には先発でフル出場を果たし、その鉄人っぷりを見せつける。この姿を見て、チームメイトが燃えないはずはない。ここから一気に勢いをつけ、首位を奪うと、そのまま優勝を果たすのだ。

おすすめの記事