「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

球界に中継ぎ革命をもたらした!江夏豊選手【球史に名を残した偉人達】

2017 6/30 12:56cut
グローブとボール
このエントリーをはてなブックマークに追加

奪三振記録を達成するも阪神から南海へトレード

阪神に入団し1年目から好成績を残した江夏選手は2年目のシーズンにシーズン最多奪三振記録を樹立した。当時、日本最高記録は1963年に達成された稲尾和久選手の353奪三振。この記録を高卒2年目の江夏選手が更新し最終的に401奪三振をマークしたのだ。
2016年終了現在でもこの記録は破られておらず、50年以上も日本記録として残っていることになる。この江夏選手以降に300奪三振以上をマークしたのは、1970年の江夏選手自身(340奪三振)となっており、事実上更新は不可能と言えそうだ。
このような活躍を見せた江夏選手は1975年オフに南海ホークスへと移籍となる。1973年に24勝を挙げ最多勝となったものの1974年、1975年と12勝にとどまり投球回数、奪三振も減少していたことが一つの要因だ。これは江夏選手の持病である血行障害などに起因している。
阪神から南海へ移籍する際のトレード相手は下記のようになっている。
阪神→南海:江夏選手、望月充選手 南海→阪神:江本孟紀選手、長谷川勉選手、池内豊選手、島野育夫選手
2人対4人の大型トレードではあったが、江夏選手と江本選手を中心とした形となっている。

「球界に革命を」南海で中継ぎへ配置転換

江夏選手は移籍した南海において、野村克也選手兼任監督とのコンビで球界に「革命」をもたらしている。1970年代のプロ野球は2010年代の現在とは違い、先発投手が完投するのが当たり前の時代であり、中継ぎ投手の価値は見いだされていなかった。そのために、投手の多くは先発を希望し、中継ぎを受け入れなかったのだ。江夏選手もその一人だったのである。
しかし、野村兼任監督は江夏選手の健康状態を考えると先発として長いイニングを投げるのではなく、中継ぎとして短いイニングの邦画力を発揮できると判断。江夏選手に中継ぎ転向を打診していた。江夏選手は先発から中継ぎへの転向を拒否していたものの、野村兼任監督の説得、そして「球界に革命を起こそう」という口説き文句でようやく承認。
移籍2年目の1977年は41試合登板中38試合に中継ぎとして登板し19セーブをマーク。最優秀救援投手のタイトルを獲得している。江夏選手にとって2年間しか在籍していない南海ではあるが大きな転機となったチームでもある。

おすすめの記事