「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

松井裕樹選手へ5球団入札!2013年ドラフトを振り返る

2017 6/30 12:56cut
グローブとボール
このエントリーをはてなブックマークに追加

広島は前年の高校生2人から大卒社会人へ

前年(2012年)のドラフト1巡目で高橋大樹選手(龍谷大平安高)、2巡目で鈴木誠也選手(二松学舎大附属高)と2人の高校生を指名した広島東洋カープ。この年は1位から大瀬良大地選手(九州共立大)、久里亜蓮選手(亜細亜大)、田中広輔選手(JR東日本)、西原圭大選手(ニチダイ)と4巡目まで大卒、社会人を指名し即戦力を集めることに成功した。
特に上位3選手はチームの戦力アップに大きく貢献。
大瀬良選手は1年目から期待に応え、10勝をマークし新人王を獲得。その後は中継ぎとして起用されている。2016年シーズンは故障もあり、1年を通じて働くことはできなかったものの17試合に登板。
久里選手も2016年に先発、中継ぎとして27試合に登板し、ローテーションの谷間を埋めるなど要所で役割を果たした。田中選手は菊池涼介選手、丸佳浩選手とともに「タナ・キク・マル」としてチームを牽引。第4回WBCに参加するなど日本を代表する選手に成長している。
1年目から即戦力となったのは大瀬良選手のみだったが、3年目のシーズンまでに3選手共に結果を出しており成功したドラフト事例といえそうだ。

下位指名から飛躍を遂げた選手達

この年のドラフトでも下位指名から飛躍を遂げた選手が数多く存在している。
ロッテは5巡目、6巡目で井上晴哉選手(日本生命)、二木康太選手(鹿児島情報高)を指名した。井上選手は「アジャ」の愛称で親しまれ、一時は4番を任されるなど奮闘中。2017年シーズンも開幕一軍を掴んでいる。
二木選手は2016年シーズンにブレイク22試合の登板で7勝9敗と一定の結果を残した。2017年シーズンも低迷するチームの中でゴールデンウィーク現在まで好投を続けており一年を通じた活躍が期待される。
日本ハムは4巡目で獲得した高梨裕稔選手(山梨学院大)が3年目のシーズンとなる2016年に10勝をマークし新人王を獲得。大卒3年目で新人王獲得は史上初の出来事だった。下位指名ということもあるが、大卒にありながら即戦力として計算せずに、育成を行い後の戦力にする日本ハムの方針がうかがえる。

おすすめの記事