「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

ミスター赤ヘルこと山本浩二選手の現役時代【球史に名を残した偉人達】

2017 6/28 09:44cut
野球,ヘルメット
このエントリーをはてなブックマークに追加

下降線を引くことのない引退

山本選手の個人記録は本塁打王4回、打点王3回、最優秀選手2回とカープの快進撃に衣笠選手らとともに大きく貢献した。守備では1972年から1981年にかけて10年連続でゴールデングラブ(前ダイヤモンドグラブ)賞を受賞するというセリーグ最多記録の驚くべき受賞歴を誇っている。
山本選手の1986年の引退までに放った安打は2339本。本塁打数は536本と大学出身打者としては日本最多記録だ。これらの偉大な記録と功績から、広島カープ球団史上初めて、山本浩二選手の背番号「8」は永久欠番となった。
その後、広島の監督も務め、1991年には優勝を果たした山本監督。2016年の優勝以前は、すべての優勝に関わっていたカープのスーパーヒーローと言えるだろう。
1986年の引退まで、本塁打数が上がっても打率は衰えず、引退の年にもリーグ優勝を決め、下降線をたどることのない有終の美で引退となった。「まだまだやれる」との声もあったが、本人は大学時代からの腰痛の持病が悪化したための引退と言われる。30代を過ぎて自分の本塁打数の7割を放ち、引退の年にも40歳で27本のホームランを打った、まさに大器晩成型の選手だった。
引退後は解説者として、山本氏のあたたかい広島弁がテレビの野球実況が聞かれるようになった。5度のリーグ優勝、3度の日本一を経験した山本氏はその後、二度の広島カープ監督に就任し、91年にはリーグ優勝を果たした。また、2013年のWBC(ワールドベースボールクラシック)ではサムライジャパンを率い、「山本ジャパン」として挑んだ。
球史に残る偉業で日本野球界を賑わせた山本氏は、2016年には解説者として、25年ぶりの広島カープのリーグ優勝の喜びをかみしめることになった。

おすすめの記事