「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

所属チームすべてで活躍する超人!?糸井嘉男選手

2017 6/28 09:44cut
>バッターⒸShutterstock.com
このエントリーをはてなブックマークに追加

「初めての恋人」として阪神へ移籍

糸井選手はFA宣言をしオリックス、阪神と交渉を行い阪神への移籍を決断する。その間に糸井選手は大いに悩み、そして迷う。その内容は年俸の額だけではなく自分自身のこと、そして今まで応援してくれたファンのことだった。

最終的には阪神の金本知憲監督による熱意が決め手となったと本人は語っている。金本監督は2016年シーズンから阪神の監督を務めており、2016年のオフシーズンが初めてのFA選手との交渉だった。その熱意が実った金本監督は、糸井選手の入団が決まった後に「初めての恋人をゲットしました」とコメントしている。

この一言にすべてが表れていると言ってもいいだろう。金本監督は自身が初めて取りに行った糸井選手を「恋人」と表現したのだ。翌日のスポーツ新聞報道などでは「初めての恋人」のフレーズが多く使われたことからも、注目度の高さがうかがえる。

糸井選手は2017年シーズンから阪神の一員として戦うことになったが、1月の自主トレ中に右膝関節炎を発症し2月1日からの春季キャンプでは別メニュー調整となってしまう。開幕戦への出場も危ぶまれたが順調な回復をみせた。

オープン戦にも半ばから出場し、9試合で打率.250、1本塁打、4打点の成績を残し開幕戦のスタメンに名を連ねた。その開幕戦で糸井選手は3番中堅で出場し、5打数3安打3打点の活躍を見せチームの勝利に貢献。初日からチームに欠かせない存在と言うことを見せつけた。

阪神優勝の原動力となれるのか? 糸井選手の活躍に今後も期待したい。

おすすめの記事