「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

福岡ソフトバンクホークスの必勝パターン

2016 8/13 06:01
野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

福岡ソフトバンクホークスの必勝パターン(抑え)

抑えには3年目のデニス・サファテがどっしりと構えており、今年も9回のマウンドでサファテが相手を抑えてゲームセットという試合が多くみられるでしょう。
広島、西武と渡り歩いて6年目、日本球界を熟知しているアメリカからの助っ人は、35歳になった今でも150km以上のストレートと縦に落ちるスライダーやカーブ、さらにチェンジアップと多彩な変化球で相手を圧倒します。 2015年の防御率は驚異の1.58を記録、さらにパ・リーグの最多セーブ王のタイトルを獲得するなど活躍しました。監督やコーチ、チームメイトからも信頼は厚く、頼れる守護神です。

3連覇を目指す福岡ソフトバンクホークスに死角なし!

投手陣だけでなく、打撃陣も同様に選手層が厚く、戦力では他球団を圧倒しています。さらに、ホークスの二軍には他球団ではレギュラーとなれる選手がいるほどで、パ・リーグ制覇だけでなく3年連続日本一も視野に入ってきました。
2016年は開幕当初こそ負けが先行したものの、5月には早くも2位以下に差をつける独走態勢に入っており、昨年に引き続きペナントレースでは大差をつけての優勝となりそうです。 注目されているメジャー帰りの松坂大輔は一軍復帰の見込みが立たないものの、それを必要としない強さがあり、優勝に向けての死角は見当たりません。

おすすめの記事