「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

2017年パ・リーグ各球団のポイントはどこ?

2017 5/17 09:55cut
baseball,player
このエントリーをはてなブックマークに追加

中継ぎ陣をどう回す!?東北楽天ゴールデンイーグルス

岸孝之選手が加わり則本昂大選手とのダブルエースは強力となりました。それに続く三番手として期待されていた安楽智大選手が故障で開幕絶望となったのは残念です。しかし、森雄大選手、辛島航選手、釜田佳直選手、美馬学選手ら投手は揃っているので復帰までローテーションを回すことはできそうです。
不安なのはリリーフ陣でしょう。松井裕樹選手に繋ぐ役割を担う投手で信頼のおける選手が福山博之選手、金刃憲人選手の2人となっており一年間を戦い抜くには層が薄くなっています。中継ぎ陣の台頭がポイントとなりそうです。
打線は外国人野手が3人残留となり計算は立ちやすくなりました。不安点はWBC日本代表も直前で辞退した嶋基宏選手の復調具合でしょうか。試合には出場していますが一年間を通じて戦えるかに不安が残ります。
また、2016年シーズン新人ながら遊撃手のレギュラーを獲得した茂木栄五郎選手が2年目も同様の成績を残せるかに注目です。遊撃手だけに選手の入れ替えをせずに固定して戦いたいところです。

吉田正尚選手の状態が鍵のオリックス・バファローズ

2016年シーズンはオープン戦、交流戦、シーズン、二軍と全てにおいて最下位となってしまったオリックス・バファローズ。
投手陣には明るい材料が多くなっています。ドラフト1位ルーキーの山岡泰輔選手、2位の黒木優太選手、8位の澤田圭佑選手が揃って好投。戦力としてめどが立ち先発、中継ぎに厚みが増しました。
また、新外国人選手のコーク選手も先発として結果を残しており、2016年シーズンに比べ層に厚みが増したのです。また、金子千尋選手、西勇輝選手といった実績のある選手たちもオープン戦から結果を残しており先発は揃ったといえるでしょう。
野手陣ではT-岡田選手、吉田正尚選手、ロメロ選手の4番候補に注目です。ロメロ選手はオープン戦から好調でシーズン開幕後の活躍が見込まれます。元メジャーリーガーの実力に期待です。
一方で、吉田選手は自打球で欠場するなど万全ではなく、また開幕一週間前にも腰痛で様子見となるなど不安が残っています。2016年シーズンも腰痛で4ヶ月戦列を離れており、ケガなく1年間戦えるかが鍵となりそうです。

おすすめの記事