「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

2017年パ・リーグ各球団のポイントはどこ?

2017 5/17 09:55cut
baseball,player
このエントリーをはてなブックマークに追加

デスパイネ選手の穴をどう埋める!千葉ロッテマリーンズ

オープン戦では投手陣が好調ぶりを発揮。先発投手陣が例年になく充実しています。エースである涌井秀章選手、石川歩選手の2枚看板を軸にスタンリッジ選手、唐川侑己選手、大嶺祐太選手、西野勇士選手、佐々木千隼選手、二木康太選手らで残りの枠を争います。
なかでも西野選手は2016年シーズンにクローザーを務めており、2017年シーズンからの先発転向のため先発投手としての調整が課題になりそうです。2016年シーズンにおける日本ハムの増井浩俊選手のような活躍が出来れば優勝が近づきそうです。
打線は2016年シーズンにチーム総本塁打(80本)の30%(24本)を叩き出していたデスパイネ選手の穴を埋められるかがポイントです。新外国人選手として加入したダフィー選手、パラデス選手はオープン戦では打撃順調ですが、シーズンを通して働けるのかがに注目が集まります。
また、主将の鈴木大地選手が遊撃手から二塁手へとコンバートされました。遊撃手の穴を平沢大河選手、中村奨悟選手、三木亮選手らで争いますが一年を通じて固定できるかが大事です。守備の要となるセンターラインだけに誰が起用されるのかがポイントになってきます。

主軸のケガに注意!埼玉西武ライオンズ

シーズンオフに岸孝之選手がFA権を行使し東北楽天ゴールデンイーグルスに移籍。エースの穴をどのように埋めるかが最重要ポイントです。
辻発彦新監督は菊池雄星選手を開幕投手に指名し、エースとして育てる方針を取りました。その菊池選手に続くのは多和田真三郎選手、高橋光成選手、ウルフ選手らです。新外国人のキャンデラリオ選手、シーズンオフのウインターリーグでブレイクした本田圭佑選手が戦力になれないと層が薄く一年間戦い抜くことが難しくなりそうです。
打線はウイークポイントでもあった遊撃手を新人の源田壮亮選手が埋めることにより穴はなくなりそうです。「打てる捕手」としての活躍が期待されていた森友哉選手が骨折したことで出遅れていますが、炭谷銀仁朗選手がいるため大きな不安はありません。中村剛也選手、メヒア選手といった長距離砲がケガをせずに一年間を通じて戦えるかが鍵となりそうです。

おすすめの記事