「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

2017年セ・リーグ各球団のポイントはどこ?

2017 5/17 09:55cut
baseball glove
このエントリーをはてなブックマークに追加

鍵は5番打者!横浜DeNAベイスターズ

2016年シーズンに球団史上初となるクライマックスシリーズ進出を果たした横浜DeNAベイスターズ。4番の筒香嘉智選手は侍ジャパンの4番としても活躍。WBCにおいて1次ラウンドのMVPに輝くなど大舞台でも力を発揮しました。その筒香選手の脇を固める3番、5番の選手が打線のポイントです。
特に筒香選手の後ろを打つ5番の選手は最も重要視されると言ってもいいでしょう。5番打者がしっかりしないと筒香選手との勝負を避けられてしまい、チームとして機能しなくなるからです。
また、投手陣ではFAで巨人へ移籍した山口俊選手の穴をどう埋めるかにかかっています。アレックス・ラミレス監督は井納翔一選手、今永昇太選手、石田健大選手をキーマンとして指名。3人を2017年シーズンの柱として期待をかけています。この3本柱でどれだけ勝つことができるかが鍵となりそうです。
また、2016年シーズンは夏場苦しんだ山崎康晃選手と新外国人選手のパットン選手、三上朋也選手で形成する勝利の方程式が機能するのかにも注目です。リリーフ陣が機能すれば先発陣の負担も減り勝利数が増えることになりそうです。

糸井選手が活躍できるか!?阪神タイガース

阪神タイガースの注目ポイントは糸井嘉男選手です。2016年シーズンオフにオリックス・バファローズからFA宣言し阪神へ入団した糸井選手。金本知憲監督が「初めての恋人」と表現するほどの入れ込みようでチームの中心選手としての期待がかかります。
しかし、1月の自主トレ中に右ヒザ関節炎を発症しキャンプでは別メニュー調整となりました。3月に入り実戦にも復帰し、試合にも出場していますが調整遅れは必至です。急仕上げになりシーズン途中での離脱にならない要注意が必要です。
投手陣では先発5番手、6番手の選手が出てくるかに注目です。阪神の先発投手陣を見るとメッセンジャー選手、藤浪晋太郎選手、能見篤史選手、岩貞祐太選手と4人目まではリーグ屈指の実力を誇ります。その次の候補が青柳晃洋選手、岩田稔選手、秋山拓巳選手、小野泰己選手らです。この中からローテーションに定着できる選手が出て来ることが上位浮上の絶対条件となりそうです。

おすすめの記事