「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

苦しんだ一年を乗り越えヒーローへ!西川遥輝選手

2017 5/17 09:55cut
baseball,player
このエントリーをはてなブックマークに追加

日本シリーズでの満塁本塁打

西川選手は2016年シーズンから背番号を「7」に変更しました。2015年シーズンからの心機一転を図るためでもあります。
迎えた2016年シーズン138試合に出場し打率.314、5本塁打、43打点、41盗塁の成績を残し日本ハムのリーグ優勝に大きく貢献しました。ソフトバンクとのクライマックスシリーズでも全5試合に出場し打率.316と活躍。広島との日本シリーズに臨みました。
日本シリーズ初戦で2安打を放ったものの2戦目から4戦目まではノーヒットと西川選手は苦しみました。チームは2連敗からの2連勝と勢いに乗っていましたが西川選手は波に乗れません。3連勝でマツダスタジアムに乗り込みたい日本ハムは5戦目1-1で迎えた9回裏に四球、安打、死球で2死満塁と大きなチャンスを作りました。打席に向かうのはこの日も4打席目までノーヒットの西川選手。この時点で西川選手の日本シリーズにおける成績は打率.100(20打数2安打)です。スタンドを埋め尽くした日本ハムファンは西川選手に祈りを送ります。
広島の抑え投手である中崎翔太(なかざきしょうた)選手が投じた2球目をフルスイング。ライナー性の打球は右翼スタンドへ一直線。スタンドが燃え上がります。ダイヤモンドを一周しホームベース上で待つチームメートのところへ戻ってきた西川選手は、もみくちゃにされながらも嬉しそうな表情を魅せました。
インタビューでは「なにが起きたのかわからないくらい興奮しています」と語るなど無我夢中だった心境が窺えます。このサヨナラ満塁本塁打で試合を決め日本シリーズに王手を掛けたのです。
リーグを代表する選手へと成長を続ける西川選手。第4回ワールド・ベースボール・クラシックの日本代表には選出されませんでしたが2021年の第5回大会に選出されることを期待します。

おすすめの記事