「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

2017年キャンプ・オープン戦総評【セリーグBクラス編】

2017 5/17 09:55Mimu
野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

【中日ドラゴンズ】ルーキー2人にも注目!

さらにルーキー2人にも期待が集まっていますね。ドラフト1位で入団して柳裕也(やなぎゆうや)選手、そしてドラフト2位で入団した京田陽太(きょうだようた)選手です。柳選手は横浜高校から明治大学を経て、ドラゴンズへと入団しました。
キャンプ序盤のシート打撃でこそ打ち込まれてしまいましたが、その後高い修正能力を見せ、練習試合などの実戦機会では無失点。キャンプの課題をしっかりとキャンプ中に修正するという、とても新人とは思えない能力の高さを見せつけました。森監督の評価も高く、先発ローテーションの一角として期待されています。

京田選手は青森山田高校から日本大学を経て、ドラゴンズに入団しました。すでに安定した守備・走塁を備えているとのことですが、バッティングでもなんとかプロのたまに食らいついているという印象です。ポジションはショート。
昨年は堂上直倫(どのうえなおみち)選手がようやく定着した場所ですが、バッティング次第では京田選手が奪い取ってしまうということも考えられます。あるいはサードも守ることができるので、高橋修平(たかはししゅうへい)選手にも危機感を持ってもらいたいですね。

ここまで、セリーグBクラスだったチームのキャンプ・オープン戦を振り返ってきました。特に若手選手たちのアピールが目立っていましたが、このままシーズンでもレギュラーとして起用される選手はいるのでしょうか。特に阪神・中日は今までベテラン選手が中心だっただけに、こういった世代交代を予感させるような選手たちの活躍にはワクワクしてしまいますね。

おすすめの記事