「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

2017年キャンプ・オープン戦総評【セリーグBクラス編】

2017 5/17 09:55Mimu
野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

【中日ドラゴンズ】まずは貧打の解消が急務

最後は残念ながら最下位に終わってしまった中日ドラゴンズのキャンプを見ていきましょうFAで平田良介(ひらたりょうすけ)選手や大島洋平(おおしまようへい)選手が移籍してしまうのではないかという話もあったのですが、なんとか両者とも残留してくれました。これで2017年も戦えそうです。

とはいえ、ドラゴンズの課題はたくさんあります。チーム打率.245、そしてチーム得点圏打率の.239はタイガースと並びセリーグ最下位。もともとどちらも広い球場を本拠地としているため、ある程度は仕方のないことなのですが、やはりこの貧打をどうにかしないと勝ちきれません。
昨年は2桁勝利がいなかったものの、もともと投手陣は充実しています。それだけにこの打撃陣をなんとかしたいですね。はたして、このキャンプでは光るものを見せてくれた選手はいるのでしょうか。

【中日ドラゴンズ】若き和製大砲候補が1軍定着なるか

昨年も結果を残した平田選手、大島選手、そしてビシエド選手らは今年も中心になってくれるでしょう。2000本安打がかかる荒木選手もまだまだ元気な姿を見せてくれるかと思います。
新戦力としては、ゲレーロ選手が注目でしょうか。メジャーでも11本塁打を放った実績があり、このキャンプでもフリーバッティングで柵越えを連発、韓国チーム・ハンファとの練習試合でも場外1本を含む2本のホームランを放ちました。オープン戦でも結果を残しており、状態は良いかと思います。ただ守備に不安があるとのことなので、そこが心配ですね。

あるいは2年目の石岡亮太(いしおかりょうた)選手も良いアピールをしているかと思います。ゲレーロ選手に負けじとフリー打撃では柵越えを連発。ハンファとの練習試合でも1番ファーストで出場し、ライトスタンドへ打球を突き刺しました。オープン戦でもホームランを放っています。
50mは5秒9と足もあるので、ゲレーロ選手に勝っているであろう走力でも勝負していきたいですね。左投げなのでポジションは限られてしまいますが、ファーストや外野に食い込んでくる可能性は十分です。

おすすめの記事