「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

2017年キャンプ・オープン戦総評【セ・リーグAクラス編】

2017 5/17 09:55Mimu
>バッターⒸShutterstock.com
このエントリーをはてなブックマークに追加

【広島東洋カープ】鯉のプリンス復活なるか!?背水の覚悟で挑む

野手では菊池選手、田中選手がWBCへ招集される中、復活を期して今シーズンに挑む堂林翔太(どうばやししょうた)選手に注目が集まります。2012年にはチームトップの14本塁打を放つも、その後は徐々に出場試合数が減っていき、2016年はチーム優勝の輪に加わることができませんでした。
サードのポジションにはエクトル・ルナ選手や安部友裕(あべともひろ)選手が定着。ライトで勝負しようにも、鈴木誠也選手がリーグトップクラスの成績を残し、付け込む隙がなかったのです。

ですが、2017年シーズンに向けて新井貴浩(あらいたかひろ)選手に弟子入りすると、新井選手が毎年行っているに護摩行に同行。顔中にやけどを負いながらも、最後までやり遂げました。肉体的にも精神的にも自分を追い込み、2017年のシーズンに挑みます。
昨シーズン終盤から右方向への打球に力強さが増し、キャンプ中の練習試合でも右中間にホームランを放ちました。守備も年々上達しています。あとは、試合の中でそれを出しきるのみです。

【読売ジャイアンツ】FAで数多くの選手を補強も……

続いては2016年セリーグ2位、読売ジャイアンツのキャンプを紹介していきましょう。前年の雪辱を晴らすべく、なんとFAで3人もの選手を補強しました。横浜DeNAベイスターズから山口俊(やまぐちしゅん)選手を、福岡ソフトバンクホークスから森福允彦(もりふくまさひこ)選手、日本ハムファイターズから陽岱鋼(ようだいかん)選手を獲得したのです。
さらにトレードでは2012年のMVP、吉川光夫(よしかわみつお)選手も獲得。新外国人として、2013年に東北楽天ゴールデンイーグルスの日本一に貢献したケーシー・マギー選手も入団しました。それだけ、本気で優勝を奪いに来ているということです。

ですが、キャンプでは彼らの名前はあまり耳にしませんでした。山口選手、陽岱鋼選手はともにケガをして3軍で調整中。森福選手は順調なものの、吉川選手も実戦で失点する姿が目立っています。むしろ田口麗斗(たぐちかずと)選手や重信慎之介(しげのぶしんのすけ)選手といった若手選手の方が目立っていたくらいです。
さらに、オープン戦ではチーム全体が不調に陥っています。打撃陣は3月11日のオリックス戦、12日の阪神戦で2日連続の1安打負け。投手陣も内海哲也(うつみてつや)選手や山口鉄也(やまぐちてつや)といった実績のある選手が打ち込まれるシーンが目立っており、開幕に向けて不安が募ります。

おすすめの記事