「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

オリックスバファローズの永久欠番を、チームの歴史を遡って紹介

2017 2/21 19:13
野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

準永久欠番「7」福本豊外野手

福本豊氏の入団は、阪急ブレーブス時代の1968年。 通算1065盗塁という当時の世界記録をはじめ、猛打賞178回、12年連続のゴールデングラブ賞など、数多くの記録を打ち立て、球史に残る功績を残している。
引退後は1989年にオリックスの一軍打撃コーチに就任。1990年から1991年までは二軍監督を務めた。
退任後は指導のほか、メディアにも活躍の場を広げ、2016年には再びオリックスで打撃や走塁の指導をしている。
背番号7の永久欠番は、通算盗塁世界記録達成の1984年に決定した。 しかし、当時まだ現役であるという理由で福本氏が辞退し、引退後、コーチと二軍監督を務めた1989年から1991年に再び使用している。 その後欠番となったが、2001年、福本氏公認のもと、進藤達哉選手に受け継がれた。

阪急ブレーブス時代の準永久欠番「3」長池徳士外野手

長池徳士氏は、1965年、阪急ブレーブス時代にドラフト1位で入団。 「ミスターブレーブス」と呼ばれ、阪急ブレーブスの4番として活躍した外野手だ。 入団2年目の1967年には、4打席連続となるホームランを放つなどの活躍で、阪急ブレーブスの初優勝に大きく貢献している。
1979年には兼任で打撃コーチも務めるようになり、後に現役を引退。1982年まで、コーチとして打撃を指導している。 退団後、背番号3は、1985年にジョー・ヒックスが使用した一年間を除き、1987年まで欠番となっている。

近鉄バファローズの永久欠番「1」鈴木啓示氏

鈴木啓示氏は、1965年、当時は近鉄であったバファローズに入団。 現役時代には投手として活躍し、通算317勝、340完投を記録するなど、多大な功績を残している。 入団以降、現役を引退して監督を務め上げるまで、鈴木氏は一貫してバファローズ一筋。低迷時代を支え続け、チームの躍進に大きく貢献した。
引退は1985年。同年、背番号1は永久欠番に制定された。
これはパリーグ初で、その後もパリーグでは長期間ただ一つのものとなっていたが、2004年のオリックスとの合併に伴って失効した。 背番号1は、鈴木氏の了承を受けて2005年には後藤光尊選手が使用し、他の選手にも引き継がれている。

まとめ

オリックスバファローズの永久欠番を、阪急ブレーブスまで遡って紹介した。 阪急からオリックスへと変わり、近鉄と合併し、チーム名も様々に変わってきたオリックスバファローズ。 永久欠番を知ることで、「今」へと引き継がれてきた、多くの選手やファン、球団関係者の思いを感じることができるかもしれない。

おすすめの記事