「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

2016版 阪神タイガースの必勝パターン

2016 7/31 09:20
甲子園球場
このエントリーをはてなブックマークに追加

2年目の石崎は直球が魅力

そして球児選手の前の回、見事なピッチングを見せていたのが石崎選手。2014年のドラフトで2位指名され入団した選手です。昨年は8試合で防御率7点台と結果を残すことができませんでしたが、今年は5試合に投げ、いまだ無失点。投球のほとんどがストレートで、見ていて気持ちがよくなるような選手ですね。やや腕を下げたスリークォーターのフォームから繰り出させる最速155キロのストレートは、打者の手元で浮き上がるような軌道を描くといいます。その姿はさながら全盛期の藤川球児選手のよう。将来の守護神候補にもなる選手かと思います。
今後しばらくはこの石崎選手、藤川選手を中心に榎田選手や安藤選手、高橋聡選手らを組み込んで必勝パターンが構築されていくかと思います。先発・中継ぎともに投手陣はとても充実しているので、しっかりと点が取れるようになれば順位は自然と上がっていくはずです。

まとめ

阪神の新たな必勝パターンに定着しそうなのは、かつて守護神として幾度となくチームを勝利に導いてきた藤川球児選手でした。アメリカから帰ってきて先発をすると聞いたときは少し残念なような気もしましたが、やっぱり落ち着くべき場所に落ち着いてきましたね。現状ではあまり順位が振るわない阪神タイガースですが、これを浮上のきっかけとできるでしょうか。

以上「2016版 阪神タイガースの必勝パターン」でした。

おすすめの記事