「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

野球で背番号2番を背負う意味とは?

2016 8/1 03:20
野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

意外に強打者でもある

アマチュア野球において、背番号2を背負う捕手というのは、総じて肩が強く、力のある選手が多い。そのため打順においても3版から5番というような、ここぞというときに大きな1本を打ち込んでくれる非常に頼もしい選手が選ばれる。これについてはプロも同じであり、捕手というのはホームランバッターとして活躍してきた選手も非常に多い。 また、その強肩により相手選手のスチールについても走者を的確にけん制したり、盗塁を刺してアウトをとるなど、非常に有能であり頼もしい存在の選手が背番号2をつけることになるだろう。

プロにおける背番号2とは

かつてはプロ野球においても、高校野球時代のなごりから捕手がその背番号を背負うということがあった。有名な選手としては、広島東洋カープの瀬戸輝信元選手ではないだろうか。 最近ではその傾向は減り、主に内野手の選手がつけることが増えてきている。高橋選手、広岡選手、元木選手、小笠原選手など、様々な名だたる内野手が2番という背番号を背負ってきており、当時から少年たちの間で人気の背番号ともいわれていた。

おすすめの記事