「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

プロ野球界に増えてきたハーフ選手たち

2016 11/19 13:39
野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

日本×フィリピン 山崎康晃

”ヤスアキジャンプ”で横浜スタジアムの9回を盛り上げる山崎康晃(横浜DeNAベイスターズ)は、日本人の父とフィリピン人の母を持つハーフだ。顔立ちが整っており、お姉さんも美人で美男美女の姉弟。
ルーキーイヤーの昨シーズンからクローザーを任されており、新人最多セーブの記録を樹立して新人王を獲得するなど実力は折り紙つきだ。
しかし、2016年の後半戦は抑えに失敗するケースも増えており、今後どのような起用をされるか注目されている。2年目のジンクスに負けることなく結果を残してほしい。

他にもまだまだいる!ハーフ選手たち

先に取り上げた3名以外にも、ハーフ選手はたくさんいる。
九里亜蓮(広島東洋カープ)は、アメリカ人の父と日本人の母を持つハーフだ。広島東洋カープの中継ぎそして先発を任されており、山崎康晃の大学の1年先輩でもある。
宗佑磨(オリックス・バファローズ)は、ギニア人の父と日本人の母というオコエ瑠偉と同じアフリカ系のハーフだ。身体能力が高く将来を期待されているが、二軍でもまだ結果を残すことができていない。来年以降の飛躍を期待したい。

まとめ

オコエ瑠偉選手のように名前を見てハーフだと認識できる場合もあるが、山崎康晃選手のように名前からは判断しにくい場合もある。 今後も活躍し、プロ野球界を盛り上げてほしい。

おすすめの記事