「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

野球の神様が与えた試練?難病を乗り越えた選手たち

2016 11/15 19:42
野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

同じ難病を抱える子供たちに勇気を?岩田稔(阪神タイガース)

関西の人気球団・阪神タイガースに所属する岩田稔投手。
彼は高校2年生の冬、風邪をひいた際のウイルス感染が原因で「1型糖尿病」を発症してしまう。「1型糖尿病」は難病指定はされていないものの、"不治の病"と呼ばれるほどの重い病気だった。 高校卒業後に決まりかけていた社会人チームへの入団は、病気を理由に白紙に。推薦で関西大学に進学したが、待っていたのは故障に悩まされる日々……。 しかし最速151km/hの速球や、多彩な変化球を操る投球スタイルを評価され、2005年に阪神タイガースからの指名でプロ入りを果たす。

「夢を諦めずに頑張っていけば、できないことはない」

出典: あなたの健康百科

プロ入り後もインスリン注射を打ちながら試合に挑み続ける岩田投手。現在も同じ病気を患う子どもたちへの支援活動を積極的に行いながら、マウンドに立ち続けている。

まとめ

難病に蝕まれながらも前を向き、見事復活を遂げ活躍するプロ野球選手たち。競争の激しいプロ野球界で生き延びていくのは、健康な身体をもっても至難の技のところ、病気を抱えてのプロ野球選手生活は、並大抵のことではないはず。<
襲いかかる試練に挫けず這い上がっていく彼らの姿は、同じ難病を抱える人々だけでなく、さまざまなハンデを抱える人々に勇気を与えることだろう。

おすすめの記事