「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

大記録を生む名選手の数々!阪神タイガースの名ピッチャー3人

2016 11/10 19:16
甲子園,ⒸSPAIA
このエントリーをはてなブックマークに追加

記録にも記憶にも残るドクターK!江夏豊

1967年から阪神タイガースで活躍した江夏豊投手も、数々の記録と記憶を残している。タイガース入団当初より、村山投手をお手本にしており、エースの座を継承。新人ながらもシーズン最多奪三振のタイトルを獲得した。
1968年には、日本記録であるシーズン401奪三振を記録。これはメジャーリーグ記録であるノーラン・ライアンの383個を上回り、現在でも日本記録として残っている。また、1971年のオールスターゲームでは初の9者連続奪三振も記録しており、奪三振は江夏投手の代名詞にもなった。
その後、南海ホークス、広島東洋カープ、日本ハムファイターズ、西武ライオンズに移籍。特に、広島時代の1979年日本シリーズ第7戦で江夏投手が投げた21球は、プロ野球屈指の名場面とされ、山際淳司の「江夏の21球」というノンフィクションの題材にもなったことで有名になった。

まとめ

どれも今では考えられないような大記録ばかりを生み出してきた3人の投手たち。現代野球とは状況が異なるが、それだけ伝統のある球団で熱狂的なファンがいることも分かる。今後、この投手たちに匹敵するような投手が現れるのか注目してみたい。

おすすめの記事