「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

東北楽天ゴールデンイーグルスのピッチャーといえば?この人!

2016 10/24 19:31
楽天 ピッチャー
このエントリーをはてなブックマークに追加

球団史上初のAクラス入りに貢献した永井伶

永井伶は、楽天の先発3本柱として、岩隈、田中に次ぐ3番目の先発として大活躍する。2009年には自己最多となる13勝を挙げ、球団史上初のクライマックスシリーズへの進出に貢献した。
2011年に右肩を故障し、それ以降は2軍にいることも長くなり、1軍では3勝を挙げるにとどまってしまった。 2014年は1軍の登板がなく、2015年に9年間という短い現役生活を終えることに。岩隈や田中の陰に隠れてはいたものの、しっかりと安定した成績を残していたが、故障には勝てないまま引退することになってしまった。 平均球速が140キロと速い球を投げるタイプではなく、打たせて取るコントロールが良いピッチャーだった。

田中からバトンを受けた現在のエース・則本昂大

2013年に楽天ゴールデンイーグルスにドラフト2位で指名されて入団したのが則本昂大だ。この年は田中が絶対的なエースだったが、新人の則本も15勝を挙げて優勝に貢献している。
3勝3敗で迎えた日本シリーズ最終戦では、美馬、田中と共に巨人打線を完封してチームを日本一に導いた。 翌年から田中がヤンキースに移籍し、先発3本柱だった永井も怪我で投げられず、則本が楽天のエースになった。プロ入り後3年連続で2ケタ勝利を挙げており、十分な働きをしている。

まとめ

楽天ゴールデンイーグルスの名選手として4選手を紹介した。 いずれのピッチャーも球界を代表するようなピッチャーで、弱小球団と言われた楽天を引っ張ってきた。 楽天の次世代を担うピッチャーは、これからも登場してくれるだろう。

おすすめの記事