「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

野球の試合を影で支える職業をまとめてみた

2016 10/12 03:34
野球 会場
このエントリーをはてなブックマークに追加

グランドの状態を保つグランド整備員

グランド整備員はトンボを使ってマウンドを整備することが主な仕事になる。その日の天候によって土のならし方を巧妙に変化させている。例えば雨が予想されるときにはやや硬め、炎天下では水を含ませるといった具合に調整をしている。
試合の間に整備を行う時は限られた時間で素早く行う必要があるが、選手のケガにも直結するため決して手を抜くことのできない仕事だ。シーズンオフは作業がないということはなく、水はけをよくするために土を掘り返したり大がかりな修繕を行っている。

球場で働いている人はどんな仕事?

球場で働いている人はまず入場するために必要なチケットを販売している人、入場時チケットを確認する人がいる。球場内では食べ物や飲み物などの販売をする人、緊急時すぐに対応してくれる警備員スタッフがいる。
他にはリリーフカーと呼ばれるピッチャー交代時にピッチャーをグランドまで乗せる車のことで、それを運転する専門の人もいる。他にも音響や照明を担当している人もいてたくさんの人が試合の観戦を支えてくれている。

うぐいす嬢ってどんな仕事?

野球場のうぐいす嬢といえばアナウンサーのことになる。選手紹介を行うのみではない。試合の前後に開会式や閉会式、表彰式などがある場合にはそれに関わるアナウンス業務があるし、その式典の司会を行う場合もある。司会を行う場合には当日いきなりではなく、あらかじめ打ち合わせもあるようだ。
うぐいす嬢は球場から委託を受けた事業所に所属する場合もあるし、球団そのものに所属することもある。球団所属の場合自分の球団でヒットが出ても声に喜び等出さずに淡々と行う必要がある。

まとめ

プロ野球、野球試合を支える人はたくさんいる。野球観戦に行ったときは働いている人にも目を向けてみて欲しい。

おすすめの記事