「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

「最強ブルペン陣」で10年ぶりの世界一を目指すヤンキース

2019 1/22 11:00勝田聡
アダム・オッタビーノ,Ⓒゲッティイメージズ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ⓒゲッティイメージズ

FAのオッタビーノを獲得

田中将大の所属するニューヨーク・ヤンキースが、FAとなっていたアダム・オッタビーノを3年2700万ドル(約30億円)で契約し、獲得。NPBMの中継ぎ投手では、到底考えられないほどの大型契約だ。

主にコロラド・ロッキーズで守護神、セットアッパーを含む中継ぎとしてプレーしてきたオッタビーノ。これまでに366試合に登板し、防御率3.68の成績を残している。特に奪三振の多さは圧巻で、2018年も77.2回で112奪三振(K/9:12.98)、通算でも413回で464奪三振(同10.11)を記録している。スライダーとツーシームを武器としており、フォーシームはほとんど投げない。

球団によっては、守護神として起用してもおかしくないほどの実力を持っている選手だ。しかしヤンキースは、その他の中継ぎ陣が豪華だからという理由で、守護神どころか8回を投げるセットアッパーとしても起用しない可能性があるという。


【ロッキーズ公式】オッタビーノの投球

おすすめの記事