「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

菊池雄星が移籍するシアトル・マリナーズとは?

2019 1/8 07:00勝田聡
菊池雄星,ⒸYoshihiro KOIKE
このエントリーをはてなブックマークに追加

同地区に大谷翔平のエンゼルスも

AL西地区は2017年のワールドチャンピオンであるヒューストン・アストロズ、マネーボールで話題となったオークランド・アスレチックス、ダルビッシュ有(現・カブス)がプレーしていたテキサス・レンジャーズ、そして、大谷翔平の所属しているロサンゼルス・エンゼルスとマリナーズ含め5球団で争われている。

日本とスケジュールの組み方は異なるものの、同地区との対戦が最も多くなっており、2019年シーズンのエンゼルス戦は19試合が予定されている。注目を集めるであろう花巻東高校OB対決だが、2019年の大谷は手術明けということで打者に専念することが決定しており、まずは「打者・大谷vs.菊池」の実現となりそうだ。

一方、両投手が先発として投げ合うのは2020年以降が濃厚。こちらの対戦は来年以降のお楽しみとなる。

日本人選手の所属は10人目

マリナーズは日本人選手とも縁が深い。最も印象に残る選手はイチローだろう。

イチローは2001年から2012年途中まで在籍し、他球団でプレーした後に2018年から再びマリナーズへと戻ってきた。初の日本人野手ということもあり、これまでに日本でも多くの報道がなされている。2019年はマイナー契約が濃厚だが、ベンチ入り枠が増える東京での開幕戦(対アスレチックス)で来日し、ロースターに入ることが既定路線となっている。

その他にもマック鈴木、佐々木主浩、城島健司、長谷川滋利、木田優夫、岩隈久志、川崎宗則、青木宣親と多くの日本人選手が在籍。菊池は10人目の日本人選手となる。背番号も2018年まで岩隈が背負っていた「18」を継承。番号に恥じない投球に期待がかかっている。

先発投手として期待されている菊池は、どのような成績を残してくれるのだろうか。その投球に注目が集まっている。

おすすめの記事