「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

大谷翔平は来季31本塁打!? 日本人野手の2年目はどうだった?

2018 12/4 15:00勝田聡
大谷翔平,Ⓒゲッティイメージズ
このエントリーをはてなブックマークに追加

2年目に数字を伸ばしたのは松井秀喜と福留孝介

主な日本人メジャーリーガーの移籍初年度・2年目の成績

ⒸSPAIA

1年目に規定到達した日本人メジャーリーガーはこれまでに8人いるが、初めて規定打席に到達したのはイチロー(マリナーズ)だった。

移籍初年度となった2001年に首位打者、MVP、盗塁王などタイトルを総なめし、日米に衝撃を走らせた。2年目の打率や安打数を見ると成績を落としているようだが、出塁率は上昇しOPSは大きく下降したわけではない。1年目ほどのインパクトはないが、堂々の数字だ。

次いで規定打席到達を果たしたのは、松井秀喜(ヤンキース)だ。イチローとはタイプが異なり、長距離砲として海を渡ったのである。その1年目には、打率.287、16本塁打、106打点とまずまずの数字を残したが、長距離砲としての期待に応えることはできなかった。しかし、適応したのか2年目は打率、本塁打、打点、そしてOPSなど、ほとんどの項目で1年目を上回った。

イチローや松井秀のようなインパクトはないものの、それ以降も日本で実績を残した選手たちが続々と海を渡っている。そして、1年目から及第点以上の成績を残している。なかでも、2年目に大きく数字を伸ばしたのは2009年の福留孝介(カブス)ただひとり。また、OPSが1年目から上昇したのは、福留と前述の松井秀の2人だけだ。その他の6人は若干ではあるが数字を落としている、とくに長打率が下がる傾向にあるため結果的にOPSも下がるのだ。

2年目に入ると相手球団の対策も進み、結果を残していくのが難しくなるということだろう。

おすすめの記事