「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

大谷翔平は来季31本塁打!? 日本人野手の2年目はどうだった?

2018 12/4 15:00勝田聡
大谷翔平,Ⓒゲッティイメージズ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ⓒゲッティイメージズ

右肘故障も新人王を受賞した1年目

スプリングトレーニングでは結果を残せなかったが、開幕するとその不安を一蹴するほどの活躍を見せた大谷翔平。故障での離脱により規定打席には未到達だったが、104試合で打率.285、22本塁打、61打点と堂々の成績を残し、新人王に輝いた。

MLB移籍からあっという間だったが、大谷にとっては充実した1年だったようだ。日本に帰国後の記者会見では、笑顔でこの1年を振り返り、メスを入れた右肘の回復も順調と語っていた。

リハビリの状況にもよるが、来シーズンの大谷復帰のめどは5月末頃だ。そして、二刀流ではなく野手としてプレーに専念することになる。当然、今シーズン以上の成績を期待されるわけだが、過去の日本人メジャーリーガー野手は、2年目にどのような成績を残していたのだろうか。

おすすめの記事