「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

ハーパーが更新するか? MLBにおける史上最大額の契約

2018 11/23 11:00勝田聡
ブライス・ハーパー,Ⓒゲッティイメージズ
このエントリーをはてなブックマークに追加

契約総額の歴代1位はスタントンの13年3億2500万ドル

現時点においてもっとも金額の大きかった大型契約は、2014年オフにジャンカルロ・スタントンがマーリンズと結んだ13年総額3億2500万ドルとなっている。

その年俸額は均等に13分割されておらず、年度ごとに異なっている。たとえば1年目に当たる2015年は650万ドル、2020年にはオプトアウトの権利が付与されている。そして、2023年から2025年の3年間は3200万ドルとなっている。

14年目に当たる2028年は2500万ドル、もしくは1000万ドルでのバイアウト条項がついている。そのため、契約総額は3億1500万ドルに14年目の1000万ドルを加えた3億2500万ドルとなるのだ。

その他にも成績面でインセンティブもついており、実際に獲得する金額はこれ以上となる可能性が高い。まさに天文学的な金額である。

スタントン13年契約

ⒸSPAIA

おすすめの記事