「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【動画あり】Rソックスが5年ぶりのワールドチャンピオン!MVPは3本塁打のピアース

2018 10/30 07:00勝田聡
ボストン・レッドソックス,Ⓒゲッティイメージズ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ⓒゲッティイメージズ

レッドソックスが本拠地2連勝でドジャー・スタジアムへ!

10月23日(日本時間24日)、ボストン・レッドソックスとロサンゼルス・ドジャースのワールドシリーズがレッドソックスの本拠地・フェンウェイ・パークで幕を開けた。レッドソックスはクリス・セール、ドジャースはクレイトン・カーショーと両エース左腕が先発。投手戦が予想されたが、試合は序盤から動く。1回裏、レッドソックスはアンドリュー・ベニンテンディの適時打などで2点を先制する。しかし、直後の2回表、ドジャースはマット・ケンプがソロ本塁打、3回には3連打で1点を奪い2対2の同点に。

その後も両チーム、得点を重ね5対4とレッドソックスが1点リードで迎えた7回裏、2死一、二塁の場面でエデュアルド・ヌネスが低めの球をうまくすくい上げ、試合を決める3点本塁打。8対4でレッドソックスが初戦をものにした。

【レッドソックス公式】ヌネスの本塁打


続く第2戦はレッドソックス投手陣がドジャース打線をわずか3安打に抑え、4対2で2連勝。いい形で第3戦の敵地ドジャー・スタジアムへ移動することとなった。この試合で前田健太(ドジャース)は今シリーズ初登板。1安打を許したが、0.2回を無失点で切り抜けた。

おすすめの記事