「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

大谷メジャー挑戦!正確な球速が明らかに!?

2018 3/10 09:59青木スラッガー
メジャー,大谷,投球
このエントリーをはてなブックマークに追加

より正確な「PITCHf/x」で球速

大リーグでは、全30球団の各球場が共通して「PITCHf/x」というシステムにより球速測定を行っている。これは映像データから投球・打球に関する様々なデータを計測するトラッキング(自動追尾)システムで、電波の反射から球速を算出するスピードガンとは、まったく違った装置である。

「PITCHf/x」では、まだまだ球場間の差に改善の余地はあるようだが、スピードガンよりも正確に球速が測定できるとされている。さらに、ボールの「回転数」や「変化量」といった、投球に関するより詳細なデータも明らかになる。

この「PITCHf/x」で算出される球速を含めた詳細なデータにより、日本ハム時代に大谷へ向けられた「本当に165キロも出ているのか?」という疑惑は、ある程度はっきりしてくるはずだ。2018年シーズン開幕時点で大谷は23歳。まだまだ球速アップの可能性も残されている年齢だが、大リーグで数年プレーする中で、直球の球速が160キロ少しにとどまるようなら、やはり日本時代の球速記録は多めに出ていたということになるだろう。また回転数や変化量などのデータから、大谷の直球が球速のわりにバットに当てられることが多かったことに関して、理由が明らかになるかもしれない。


関連記事
今年は本気の補強!?大谷の加入するエンゼルスとは?
大谷と比較!イチロー・ダルビッシュらの高卒5年目までの成績は?

おすすめの記事