「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

相性の悪さはダルと一緒?田中将大の4年間

2018 3/7 09:59mono
田中将大 ヤンキース
このエントリーをはてなブックマークに追加

同地区のキアマイアーが苦手!

対戦打者別ではどうだろうか。10打席以上の対戦がある選手で絞ってみると、ケビン・キアマイアー(レイズ)、エドウィン・エンカーナシオン(インディアンス)らを苦手としている。とくに同地区で対戦機会の多いキアマイアーは昨シーズンも打率.500(4打数2安打)と抑えこむことができなかった。

一方で、4年連続39本塁打以上を放っているネルソン・クルーズ(マリナーズ)、2015年アメリカンリーグMVPに輝いたジョシュ・ドナルドソン(ブルージェイズ)らは封じ込めている。

【田中将大・主な苦手選手】
・ケビン・キアマイアー(レイズ)
打率.467(15打数7安打)/1本塁打/1打点/2三振

・エドウィン・エンカーナシオン(インディアンス)
打率.455(22打数10安打)/1本塁打/2打点/5三振

【田中将大・主な得意選手】
・ネルソン・クルーズ(マリナーズ)
打率.125(24打数3安打)/0本塁打/1打点/8三振

・ジョシュ・ドナルドソン(ブルージェイズ)
打率.161(31打数5安打)/1本塁打/3打点/7三振

今シーズンは日本人投手として野茂英雄以来となる5年連続2ケタ勝利に挑むことになる田中。同地区の苦手打者を克服しエースとしての投球を見せて欲しい。

※数字は2017年シーズン終了時点

おすすめの記事