「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【ダルビッシュ カブス移籍】目玉FA右腕アリエッタと徹底比較!

2018 2/14 12:22SPAIA編集部
ダルビッシュ-SPAIA
このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年シーズン初めてダルビッシュが上回った平均球速

ダルビッシュ アリエッタ 平均球速-SPAIA

ⒸSPAIA


最後にファストボールにおける球速の比較を見てみよう。2012年から2015年まではアリエッタがダルビッシュを上回っていた。 ダルビッシュが全休していた2015年はアリエッタがキャリア最高となる95.3マイル(約153.3キロ)をマークしている。

しかし、ダルビッシュはトミー・ジョン手術明けとなる2016年から、球速がアップする。2016年はアリエッタの94.5マイル(約152.0キロ)、ダルビッシュは94.3マイル(約151.7キロ)とほぼ同じとなった。そして、昨シーズンはダルビッシュが前年と同じ94.3マイルに対し、アリエッタは92.2マイル(約148.3キロ)と初めて上回っている。

球速の変化は成績にも影響を与える要素のひとつでもある。今シーズン以降、どのような推移が見られるのか注目だ。

ダルビッシュとアリエッタ。シーズンオフの目玉ふたりが今シーズンからどのような成績を残してくれるのか、大型契約の答え合わせは数年後まで楽しみに待っていたい。なお、ダルビッシュは6年契約を結んでいるが、2年目終了後にオプトアウトできる契約条項が盛り込まれていると報道されている(日本経済新聞から引用)。ダルビッシュ自身の希望はドジャース残留だと言われていたことからも、2年後にどのような決断を下すのか注目したい。

(本文作成:mono)

 
関連記事
【ダルビッシュ移籍&大谷メジャー参戦】日本ハム出身の2大エース NPB時代を徹底比較!

おすすめの記事