「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

ナショナルリーグ西地区のスタジアム紹介

2018 1/23 11:51mono
野球場
このエントリーをはてなブックマークに追加

打者泣かせのペトコ・パーク

  • 球場名:ペトコ・パーク(Petco Park)
  • 球団名:サンディエゴ・パドレス(San Diego Padres)
  • 場所:カリフォルニア州サンディエゴ
  • 開場:2004年

サンディエゴ・パドレスの本拠地であるペトコ・パークは、左中間スタンドに比べて右中間スタンドが広くなっている。狭い左中間を狙った打球も左からの風に流され届かず、右中間は遠いという打者不利な球場だ。
それを是正するため、2012年オフにフェンスが手前に移動され極端な状態は解消されたが、2017年現在でも打者泣かせの球場と呼ばれる。第1回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の決勝トーナメントが行われた球場であり、日本代表はここで初代チャンピオンに輝いている。

かつてパドレスには大塚晶則(大塚晶文)選手、井口資仁選手が在籍していたが、大塚選手が2004年、2005年、井口選手は2008年と10年近く日本人選手が不在の球団だった。
しかし、牧田和久選手が2018年から所属することが決定した。

おすすめの記事