「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

ナショナルリーグ中地区のスタジアム紹介

2018 2/6 15:56mono
野球場
このエントリーをはてなブックマークに追加

メジャーリーグで2番目に古いリグリー・フィールド

  • 球場名:リグリー・フィールド(Wrigley Field)
  • 球団名:シカゴ・カブス(Chicago Cubs)
  • 場所:イリノイ州シカゴ
  • 開場:1914年

 

2016年に108年ぶりとなるワールドシリーズ制覇を成し遂げたシカゴ・カブス。その本拠地がリグリー・フィールドだ。
1914年開場は、フェンウェイ・パークに次いで2番目に古い球場となっている。外野フェンスにはツタで覆われており、打球がその中に入り取れなくなると2塁打となる野球規則も存在する。

「野球は太陽の下でやるものだ」というオーナーの発言、そして、住宅街の中に球場があることから1988年までナイターの開催がなかった。現在はナイター開催もあるがデーゲームが圧倒的に多くなっている。
2008年3月31日の試合では、カブスへ移籍初年度となった福留孝介選手(現・阪神)が、初試合で初本塁打を記録した。

1908年以降ワールドシリーズ制覇から遠ざかっていたカブス。その原因は『ヤギの呪い』とも言われていた。その発端は1945年にまで遡る。
同年のワールドシリーズで観客のひとりがヤギを連れ試合を観戦していた。もちろん、ヤギのチケットも購入した上である。シーズン中には問題としていなかったが突如、球場側が臭いを理由としてヤギの入場を拒否したのだ。
その際に飼い主が「リグリー・フィールドで二度とワールドシリーズが開催されることはないだろう」と発し去って行った。この一連がヤギの呪いと呼ばれていたのだ、

外野後方にロベルト・クレメンテ橋が見えるPNCパークパーク

  • 球場名:PNCパーク(PNC Park)
  • 球団名:ピッツバーグ・パイレーツ(Pittsburgh Pirates)
  • 場所:ペンシルバニア州ピッツバーグ
  • 開場:2001年

 

ピッツバーグ・パイレーツの本拠地PNCパークは、外野後方にあるロベルト・クレメンテ橋が特徴的だ。アレゲニー川をまたぐこの橋は金色・黒で彩られている。
テレビ中継ではピッツバーグの象徴でもある黄色・黒に見え、ひときわ目立っている。

スコアボード、照明灯は左翼側に設置されており、橋そして街並みを臨むことができる。右翼フェンスが高く21フィート(約6.4メートル)あるのも特徴。
この21フィートというのは、パイレーツで3000本安打を達成したロベルト・クレメンテ選手の背番号にちなんでいる。

おすすめの記事