「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

ヤギの呪いが解けた、MLBシカゴ・カブスの永久欠番選手

2017 7/10 10:25hiiragi
MLB,シカゴ・カブス
このエントリーをはてなブックマークに追加

「背番号23」123試合連続無失策、ライン・サンドバーグ選手

ライン・サンドバーグ選手は、1981年フィラデルフィア・フィリーズからメジャーデビューを果たす。しかし、大した成績は残せず、1982年にシカゴ・カブスにトレードされている。カブスでも打撃のほうでは大した成績は残せていない。
それでも安定した守備が認められ、レギュラーとして定着すると、1983年にはゴールドクラブ賞に選出され、以降9年連続で獲得する。1990年には123試合連続無失策も記録した。
やがて、打撃の方でも能力を見せ、1989年には30本塁打と大台に乗せ、1990年には40本塁打で本塁打王に輝いた。16年間通算では、本塁打282本、打率.285のほかに、通算守備率 .989を残している。

「背番号26」13年連続20本塁打、ビリー・ウィリアムズ選手

ビリー・ウィリアムズ選手は1959年シカゴ・カブスからメジャーデビューを果たし、1974年までの16年間をカブスでプレーする。1961年にレギュラーに定着して25本塁打を放つと、以降13年間20本以上を打ち続け、1970年には42本を記録した。
しかし本塁打王のタイトルは1度も取れていない。安打では、200安打以上が3シーズンあり、1972年には打率.333で首位打者を獲得している。通算18年間で本塁打は426本、打率.290を記録した。同じ球団内で背番号をよく変えていて、永久欠番26は3つ目の背番号だ。

「背番号31」カブス初サイ・ヤング賞ファーガソン・ジェンキンス投手

ファーガソン・ジェンキンス投手は1965年フィラデルフィア・フィリーズからメジャーデビューを果たした。シカゴ・カブスには翌1966年シーズン途中にトレードされる。1年目は6勝8敗と負けが先行したが、2年目には20勝13敗と頭角を現す。
以降1972年までの6年間は、20勝を下回った年はなく、1971年には24勝13敗でサイ・ヤング賞に輝く。カブス投手陣では初めての受賞となると共に、カナダ人としても初めての受賞だった。
キャリアでは284勝を挙げ歴代29位ながら、三振は3192個奪って歴代12位だ。2009年31番は永久欠番になったが、もう一人の31番グレッグ・マダックス投手も同時に顕彰された。

まとめ

MLBシカゴ・カブスの永久欠番選手について紹介した。2016年ワールドシリーズで優勝した時は、ヤギの呪いが話題になった。ヤギの入場を断って、その飼い主に呪われたというものだ。108年ぶりの優勝で、呪いも解かれ、2017年連覇の期待がかかる。

おすすめの記事