「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【球史に名を残した偉人達】50歳まで現役を目指すイチロー選手の凄さ

2017 5/17 09:55cut
イチロー選手
このエントリーをはてなブックマークに追加

ニュース速報も!2012年突然の移籍

2001年にマリナーズへ加入し10年連続200安打、打率3割、ゴールドグラブ賞、オールスター出場など様々な記録を作ったイチロー選手だが2011年に試練が訪れた。
4月こそ打率.328と好成績を残すが、5月以降一度も好調に転じることはなく184安打、打率.272でシーズンを終えてしまうのだ。これにより200安打、打率3割などの記録が10年連続でストップしてしまった。 イチロー選手には「もう限界」「視力の衰えじゃないか」といった声が多くささやかれるようになった。そして迎えた2012年シーズン、イチロー選手はオールスター明けにニューヨーク・ヤンキースへとトレードされる。
MLBでは日本に比べトレードが頻繁に行われており、スター選手でも一球団で現役を終えることは稀ではある。しかし、あのイチロー選手がトレードということで日米が騒然となった。日本ではニュース速報が流れるほどの重大ニュースとして扱われたのだ。
また、移籍発表当日はマリナーズ本拠地のセーフコフィールドにヤンキースを迎え入れての試合が組まれていた。イチロー選手はホームチームで戦う試合をビジターチームで戦うことになったのだ。 ヤンキースはデレク・ジーター選手やアレックス・ロドリゲス選手などイチロー選手と同等以上の実績を持つ選手もそろっており役割も大きく変わった。
しかし、チームの変化があってもイチロー選手は自分の仕事をこなしチームに溶け込んだのだ。

アジア人初となるメジャー3000本安打達成

マリナーズからヤンキースへ移籍しプレーしていたイチロー選手は2015年シーズンからマイアミ・マーリンズに所属する。マーリンズはヤンキースと違い若手主体のチームでイチロー選手にはプレーヤーとしての役割だけではなく指導役としても期待されていた。
また、2001年から14年間で積み上げた安打は2844本でメジャー3000本安打まで156本に迫っていた。このメジャー通算3000安打をいつ達成するのかがファンの注目の一つにもなっていたのは事実だ。
2015年シーズンのイチロー選手は主に守備固め、代打などで153試合に出場し91安打を放つ。3000本安打まで残り65本として2016年シーズンを迎えた。
ケガさえなければ2016年シーズン中の達成は確実とあり注目は「どの試合で達成するのか」に注がれる。その日は現地時間8月7日にやってきた。イチロー選手はこの日の第4打席で右中間へ三塁打を放ちアジア人では初となる3000本安打を達成したのだ。

おすすめの記事