「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【春のセンバツ】組み合わせ決定 大会初日から星稜vs.履正社の好カード

2019 3/15 15:00勝田聡
甲子園球場,ⒸSPAIA
このエントリーをはてなブックマークに追加

ⒸSPAIA

初日に履正社と星稜が激突、2日目に横浜登場

3月23日に開幕する選抜高校野球(以下、春の選抜)に先立ち15日、組み合わせ抽選会が行われた。その結果から見どころを探ってみたい。

選抜高校野球組み合わせ

初日から屈指の好カードが組まれた。大会ナンバーワン投手と称されている奥川恭伸擁する星稜高(石川)が、第3試合で履正社高(大阪)と対戦する。履正社高のエース清水大成も注目の左腕で、昨秋の近畿大会準々決勝では、福知山成美高(京都)相手に12三振を奪い完封勝利を収めている。ドラフト候補生同士の投手戦が楽しみだ。

大会1日目 3月23日(土)

大会2日目 3月24日(日)

ⒸSPAIA


大会2日目第2試合に登場する優勝候補の横浜高(神奈川)の相手は、九州大会準優勝の明豊高(大分)。横浜高のエースである150キロ左腕の及川雅貴(横浜高)はドラフト1位候補。指揮を執る平田徹監督も「及川で優勝」と語るほど信頼を寄せている。一方の明豊高は九州大会決勝で筑陽学園高(福岡)に敗れたものの、大会4試合すべてで2ケタ安打を記録。ドラフト候補である大会屈指の左腕・及川を攻略できるかが見どころだ。

明治神宮大会覇者の札幌大谷高(北海道)は、2日目の第3試合に登場し、米子東高(鳥取)と対戦する。

おすすめの記事