「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

センバツ優勝候補・星稜 “V未経県”石川へ初の大旗をもたらすか

2019 3/16 07:00SPAIA編集部
甲子園球場,Shutterstock.com
このエントリーをはてなブックマークに追加

福岡、千葉は意外にも春の優勝未経験

第91回選抜高校野球大会が3月23日に開幕する。最近は練習施設の充実やトレーニング方法の変化などによって地域格差がなくなりつつあるが、それでも91回の長い歴史で優勝経験のある都道府県は28。最多は大阪の11度、愛知の10度と続き、18位タイで茨城、栃木、長野、福井、三重、岡山、山口、長崎、大分、熊本、鹿児島の11県が1度で並ぶ。

優勝未経験の19県のうち、今大会に出場するのは8道県。夏の選手権では連覇した小倉(1947、48年)、三池工(1965年)、西日本短大付(1992年)の4度優勝を誇る福岡も、春は意外に優勝していない。また、習志野の2度(1967、75年)と銚子商(1974年)の計3度、夏の頂点に立っている千葉も春の頂点は未経験だ。

センバツ表,ⒸSPAIA

ⒸSPAIA


今大会、日本地図の空白部分が新たに彩られる可能性がある。その筆頭候補は春夏通じて優勝未経験の石川・星稜だ。

エース右腕・奥川恭伸は183センチの長身から最速150キロの速球を投げ下ろす、プロ注目の本格派右腕。昨夏の甲子園でも注目されていたが、2回戦の済美戦で先発したものの途中降板し、チームもタイブレークの延長13回に逆転サヨナラ満塁ホームランを浴びて敗れた。

秋の北信越大会では準々決勝で10者連続三振を奪うなど、計33イニング自責点0の快投で優勝。明治神宮大会では決勝で札幌大谷に敗れたものの、1回戦では中国大会覇者の広陵から11三振を奪って9-0で7回コールド勝ちする強さを見せた。

おすすめの記事