「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

平成30年 大阪桐蔭史上初2度目の春夏連覇【平成スポーツハイライト】

2019 1/16 07:00SPAIA編集部
甲子園球場,ⒸShutterstock.com
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by tak36lll/Shutterstock.com

ⒸShutterstock.com

前年夏の甲子園でできた大きな「借り」

平成最後の夏の甲子園。大阪桐蔭の2度目の春夏連覇は、長い高校野球の歴史上でも初めて達成された偉業だ。秋のドラフトでプロに4人輩出した「最強世代」の栄光への道のりは、前年夏のショッキングな敗戦から始まった。

平成29年夏の甲子園3回戦。同年春のセンバツを制し、根尾昂、藤原恭大ら「最強世代」の2年生もレギュラーに名を連ねていた大阪桐蔭は、仙台育英を追い詰めていた。1点リードで迎えた9回2死一、二塁、ショートゴロの送球を捕ったファーストの2年生・中川卓也が勝利を焦ったのか、一塁ベースを踏み損ねるというミスを犯した。九死に一生を得た仙台育英は、続く打者が同じく大阪桐蔭の2年生・柿木蓮から左中間を破る二塁打を放ち、一気に二者生還。大阪桐蔭は悪夢のようなサヨナラ負けを喫した。

ベンチ前で号泣しながら仙台育英の校歌を聞いた中川は、新チームの主将になった。あの時の悔しさを決して忘れず、「甲子園での借りは甲子園でしか返せない」と自分のせいで先輩たちが成し遂げられなかった春夏連覇を早くから意識していた。

平成30年センバツ。V争いの本命に推された大阪桐蔭は順当に勝ち上がり、決勝では智弁和歌山を破って優勝した。春2連覇は昭和4、5年の第一神港商、昭和56、57年のPL学園以来、3校目の快挙だった。

おすすめの記事