「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【高校野球】Y校は22年ぶりの出場なるか。21世紀枠の推薦校が決定

2018 11/20 15:00勝田聡
野球ボール,ⒸShutterstock.com
このエントリーをはてなブックマークに追加

Y校は22年ぶりの出場なるか

東日本の推薦校を見ると秋季県大会において優勝、もしくは準優勝している高校が合計5校(優勝1校、準優勝4校)推薦されている。

東日本

ⒸSPAIA

県大会で好成績を残せるほどのチームは21世紀枠でなくとも出場できる可能性があるため、選ばれにくいのでは?と思われがちだが、そうとも限らない。実際に近年では2017年の伊万里が準優勝、2016年の中村(高知)、多治見(岐阜)が優勝した上で、21世紀枠に選出されている。

推薦校の中で注目したいのが横浜商業(神奈川)。かつては甲子園の常連で「Y校」の愛称でも親しまれていたが、近年は甲子園から遠ざかっており、1997年春のセンバツが直近の甲子園出場となっている。22年ぶりとなる聖地帰還となるだろうか。

また、長嶋茂雄終身名誉監督の母校でもある佐倉(千葉)も推薦されている。長嶋氏在籍当時から現在まで甲子園出場の経験がないため、初出場となるか注目だ。

おすすめの記事