「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

かみじょうたけしの高校野球大好きトーーク!②  「人間力の向上が高校野球の素晴らしさ」

2018 7/27 12:05SPAIA編集部
かみじょうたけし,高校野球,ⒸSPAIA
このエントリーをはてなブックマークに追加

イチローさんだって甲子園を目指してたはず

金島:僕もリトルやってシニア行って、高校までやってたんですけど、シニアで泣くやつは少なかったですね。最後の大会とかでも。大体スカウト来たり、セレクションやったりして、もう次は高校でやることが決まっているので、高校なって初めて野球で泣くのかもしれませんね。

かみじょう:やっぱり日本でやってる高校球児というか野球を始める一番のきっかけって、甲子園出場なんですよね。
「俺は中学からメジャー目指してた」とか言う人いますけど、例えば、イチローさんってあんな成功して凄いですし、プロの向こう見てたとか色々聞きますけど、日本で野球やってたんだから、やっぱり甲子園目指してたと思うんですよ。
そこ(高校野球)でやめる人が一番多いですもん。一区切りついて次のステージへ、というのか。

金島:僕もその1人やったんですが、最後の夏の1回戦が大阪桐蔭やったんですよ。抽選が終わって、キャプテンが帰ってきたら、「おっしゃ、やったぞー!」言うので、「あ、弱いところ当たったんやー、おっしゃおっしゃ」思うたら、「大阪桐蔭!」「はーん!?おい!!」言うて。笑

で、試合が始まったら点数ボロボロに入れられた後に、7番か8番バッターにポン!打たれたんですよ。レフトフライや思たら、ずーっと球が落ちてけえへんのですよ。8番くらいにスタンドの中段くらいに運ばれて。それに比べてうちの8番なんてガリガリでしたからね。あんなん絶対飛べへんでって。笑 結局、ノーヒットノーランで負けました。本気とか本気じゃないとかそんなレベルじゃなかった。最後にやれてよかった大阪桐蔭と、っていう感じでしたね。

かみじょう:勝っても負けてもいい経験やないですか。いつまで辛い練習に耐えながら野球を続けるかは人それぞれですけど、人間形成されていく時代ならではの高校野球、なにか得るものがあるまで続けてほしいって僕は思いますね。


〜 第3弾「野球の技術的なことは言いたくない」に続く

かみじょうたけし,甲子園

ⒸSPAIA

おすすめの記事