「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【駿河の魂】静岡県の野球強豪校5選

2016 8/26 13:36
野球場 日本
このエントリーをはてなブックマークに追加

岳南健児 静岡県立静岡高等学校

静岡県立静岡高等学校は文武両道を掲げた公立高校で通称「静高(しずこう)」と呼ばれている。野球部は1896年に創部し、1926年第12回 全国高等学校野球選手権大会(夏の甲子園)で初優勝を飾った。

静岡県における全国大会最多出場校であり、全国高等学校野球選手権大会出場24回、優勝1回、準優勝2回、選抜高等学校野球大会(春の甲子園)出場15回、明治神宮野球大会出場2回。また2015年(平成27年)春は選抜ベスト8入りなど、その華々しい戦歴は現在も続いている。

攻撃的イケイケ野球 常葉学園菊川高等学校

学校法人常葉学園が設置する学校の一つであり、系列校として常葉学園中学校・高等学校と常葉学園橘中学校・高等学校がある。同校の野球部は全国トップレベルを誇る強豪校の一角を担うことで名高く、第79回選抜高等学校野球大会では優勝という輝かしい功績を残している。

同校の田中健二朗さんがプロ野球ドラフト会議で横浜ベイスターズより1位指名を受け入団決定、門奈さん以来2人目のプロ野球選手を誕生させている。最高に”イケイケ”な野球をするチームと称され、全国の高校野球ファンを魅了している。

おすすめの記事