「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

2018年高校野球界で注目したい投手たち

2017 10/13 10:05cut
高校野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

その他の注目選手はこちら

氏名:小野寺瑞生(おのでら・みずき)
所属:東海大甲府高校(山梨県)
学年;2年
経歴:川崎中央シニア
投打:右投右打
ポジション:投手

氏名:雪山幹太(ゆきやま・かんた)
所属:早稲田実業学校(東京都)
学年;2年
経歴:神戸中央シニア
投打:右投左打
ポジション:投手

氏名:横川凱(よこがわ・がい)
所属:大阪桐蔭高校(大阪府)
学年;2年
経歴:湖北ボーイズ
投打:左投左打
ポジション:投手

2016年のドラフト会議で5球団競合となった田中正義選手(ソフトバンク)と同じ、川崎中央シニア出身の小野寺瑞生選手。2015年にはU-15の日本代表にも選出されるなど早くから注目を浴びていた。
184センチ・94キロと恵まれた体格から145キロのストレートを投げ込む本格派に成長した。東海大甲府高校へ進学後に甲子園出場はないが、2018年ドラフト候補に名前は挙がっている。

2017年春のセンバツでは早稲田実業学校の正捕手を務めていた雪山幹太選手。センバツ終了後に投手に転向すると今夏の予選では背番号「1」をつけマウンドに登っていた。西東京大会全6試合をほぼ一人で投げ抜いたものの、決勝で東海大菅生高校に敗れ甲子園出場はならなかった。
170センチと小柄なこともあり球速は140キロに届かない。しかし、コントロールの良さとスライダー、フォークボールのキレで勝負する。

大阪桐蔭高校で柿木蓮選手、根尾昂選手らとエースナンバーを争うのが横川凱選手だ。横川選手は春のセンバツで先発するも1死しか取れずに4失点と結果を残すことができなかった。春夏連覇を目指して臨んだ夏の甲子園では背番号「16」を背負いベンチ入りするも登板はなかった。
190センチと長身サウスポーの横川選手が投じるストレートは最速144キロ。大型左腕としてプロからの注目も集めており、最上級生となる来年に甲子園の舞台で結果を残したい。

おすすめの記事