「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

甲子園を春夏連覇した7校を振り返る【横浜高校】

2017 8/3 12:07Mimu
野球ボール
このエントリーをはてなブックマークに追加

2日連続の劇的な勝利

9回裏、またも高橋選手を攻め立て無死満塁の大チャンスを作る。ここで後藤選手が詰まりながらもセンター前に運び、ついに6-6の同点に追いついた。さらにバントと敬遠で再び満塁のチャンスを作ると、打席にはPL戦で決勝ホームランを打った常盤良太さん。明徳は再び寺本選手をマウンドに戻す。
スタンドの全員が前日のミラクルを期待する中、カウント1ボール2ストライクからの4球目。スライダーが外いっぱいに決まり見逃し三振で、場内はため息に包まれてしまった。しかし、続くは柴選手。この選手もPL学園戦勝利の立役者だ。柴選手が降りぬいた2打球目は、詰まりながらもセカンドの後方へのフライ。セカンドが必死に飛びつくもこれを捕球できず、これでサヨナラ勝ちとなった。絶体絶命の状況から見事な逆転勝利となったのだ。
続く決勝の京都成章戦は松本選手のホームランで先制すると、その後も見方の好守などもあって見事にノーヒットノーランを達成し春夏連覇を達成した。連続で劇的な展開となった3試合。この夏の大会の主人公は彼ら以外に考えられないだろう。

おすすめの記事